FC2ブログ

ホーム 経営理念 会社概要 施工事例 求人 富沢樹園

-->
暑い日が続くようになり、外の木陰が恋しい季節になってまいりました。

最近新着情報をUPしていなかったので、題材を探しつつ、
樹木の写真を撮りに畑をさ迷っていたところ、少々変わった写真が撮れました。

IMGP4578.jpg

上の写真から何かお気づきになられたでしょうか?

ヤマボウシの花から角のようなものが伸びています。

110520ヤマボウシ

110520拡大



一瞬、花の奇形ではないかと思い、写真を撮りました。

しかしながら、よく見ると何かに似ているので、枝をゆすってみたら、
角のような部分が動きました。

その正体は・・・シャクトリムシの仲間でした。

おそらく、枝に擬態していたつもりなのでしょうが、間違って花について、
体を枝に擬態してしまった為、花から枝が生えているような、
おかしなことになっていました。

以前、沖縄に行った時にも、葉の表面についたクモが、
自ら体を揺らして、まるで葉が風に揺れているように擬態するというものが
いましたが、風が吹いていない時も体を揺らしていたので、かえって直ぐに
見つかってしまうということがありました。

何かに体を似せて外敵から身を守る生物はたくさんいますが、
自然界においても、こうした勘違いがあるものなんだなと、少々微笑ましく思いました。

勿論、彼等にとっては命がけのことなのですが・・・

スポンサーサイト




 BLOG TOP