FC2ブログ

ホーム 経営理念 会社概要 施工事例 求人 富沢樹園

-->
計画停電実施に伴い、停電中は固定電話・FAX・メール等の通信機器の
使用ができなくなっております。

(※弊社は計画停電第2グループに属しております)

時間帯によって弊社事務所との連絡が取りづらくなっており、
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしておりますが、
何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

株式会社 富沢造園
スポンサーサイト



先日、都内某所の新築個人宅において庭園施工を行いました。

今回は、その時の施工事例についてご紹介致します。

110301個人邸外観


施工を行ったお宅の建物の色は、全体的にベージュ及び明るい茶系、外構の壁はレンガで作られており、
外見は洋風になっております。

今回は、玄関からL字に細長く伸びた敷地の施工を行わせて頂きました。

110301個人邸庭1

110301個人邸庭園3


庭園となる敷地は、細長くて距離が長いので、その距離感を生かす為、飛び石や延段等を設けて、
園路のようにゆったり回れるように設計しました。

敷石や延段等は日本庭園で見られる要素ですが、外構や建物の洋的雰囲気となじむよう、
御影石の間にレンガを入れたり、建物外構と同系の茶・ベージュ系統の石材を選定して入れたり、
和と洋が上手く融合するようにバランスを考えて空間に素材を取り込みました。


110301個人邸庭園2

玄関部分は、現代空間にも良く合う珍しい背の高い手水鉢と、ヒメシャラの株立を組み合わせて
一つの「景」を造りました。

ポイントとなる手水鉢は、新品ではなくあえて年代物を取り入れ、経年変化でしか生まれない、
独特の味わいを空間にプラスしました。

そして、周りの植栽をシンプルにすることにより、ヒメシャラの気品高い姿と、
年代物の味わい深い手水鉢が互いを引き立て合うようにしました。

和・洋、新・古等、異なる要素を一つの空間に取り入れるのは難しいように感じますが、
バランスを上手く調整すれば、相反する要素でも上手く共存し、お互いを引き立ててくれます。

 BLOG TOP