FC2ブログ

ホーム 経営理念 会社概要 施工事例 求人 富沢樹園

-->
100527エクスバリー1

4月~5月は、様々な場所でツツジが咲き誇ります。

日本庭園を構成する樹木としても、代表格となっていますが、
他にも、公道沿いや、公園、庭先、ビルの外構…など、ツツジは丈夫で鮮やかな花を咲かせるので、
多くの場所で植えられています。

ツツジの代表としては、サツキツツジやヒラドツツジ、オオムラサキツツジ等が一般的ですが、
今回はそれらのツツジとは少々雰囲気が異なるツツジをご紹介致します。

写真のツツジは、「エクスバリーツツジ」という名で、西洋ツツジの一種に含まれます。

サツキツツジや、ヒラドツツジとは違い、花は大きく色鮮やかで、西洋特有の華やかさがあります。

また、ツツジ類の中で黄色系のものは種類があまり多くないので、珍しい品種といえるでしょう。(落葉樹)

このツツジは、レンゲツツジ(日本)、シナレンゲツツジ(中国)、キバナツツジ(ヨーロッパ)の交配種で、耐寒性は強いですが、暑さに弱いので、日本ではどちらかというと冷涼な地域(東北・北海道)に適しているようです。

また、「エクスバリー」という少々変わった名前は、この品種を改良・普及した人物が、英国のエクスバリー地方にいたことから来ているそうです。

最近では色々な場所に植えられすぎて、「つまらない」という印象を受けられがちのツツジですが、
中には、こうした変り種の品種もあります。

洋風でも、和風でもなじむので、こうしたツツジをポイント植栽等に使われても良いかもしれません。


100527エクスバリー2
スポンサーサイト




 BLOG TOP