FC2ブログ

ホーム 経営理念 会社概要 施工事例 求人 富沢樹園

-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100324ユキワリソウ

先週のことですが、事務所前の植え込みでユキワリソウが美しい花を咲かせていました。

小さいので、気を付けて見ないとなかなか気付かないですが、
色味が少ないこの時期、鮮やかな青みがかったグラデーションの花がよく映えていました。

ユキワリソウは葉が3つに割れていることから「ミスミソウ(三角草)」という呼び名もあるらしく、
その言われの通り、少々厚みがあり、丸みを帯びた葉は3つに分かれています。

また、「ユキワリソウ(雪割草)」という名は、書いて字のごとく、雪が残る3~4月頃、
雪を割るようにして花を咲かせる姿から来ているそうです。

東京では、雪の間から顔を覗かせている姿はなかなか見られませんが、
美しい鮮やかな色彩の花にはやはり心を奪われます。

サクラの花も咲いてきたようですし、本格的な春の訪れが近づいてきたようです。
スポンサーサイト
100315ギンヨウアカシア-2

100315ギンヨウアカシア-1

畑のギンヨウアカシアの花が満開になりました。

近年、様々な所で見かけるようになった人気の樹木です。

花の少ない2月下旬~3月いっぱいにかけて、黄色いボンボンのような可愛らしい花を
見事なまでに咲かせます。

葉が銀色を帯びていることから、この名前が来たようですが、輝くような黄色いボンボンの
形の花と、銀色を帯びた葉との色合いは抜群です。

花後も、葉色が綺麗なので、お庭のカラーリーフツリーとして楽しめます。

一般に「ミモザ」と呼ばれているのは、これによく似た「フサアカシア」のことで、
ギンヨウアカシアに比べると大きくなり、花数も多くなります。

香りもフサアカシアの方が強く、近くにいるだけで香りが漂ってきます。
こちらは切花にされてもお部屋で甘い香りが楽しめます。

ギンヨウアカシアの方はこれという香りがないので、花と葉色を楽しむ方が良いでしょう。

常緑樹でありながら、やさしい枝振りと葉色、長い花期、美しく見事な花を咲かせるという点では
素晴らしい木なのですが、枝や幹が弱いので、強風や降雪等により、致命的な打撃を受けることが多い木でもあります。

これは、ギンヨウアカシアだけではなく、フサアカシアなど、一般的に最近出回っているこの系統のアカシア
大半に言えることでもあります。

植えられる際は、その点を念頭におかれた上で選ばれた方が良いと思います。

折れやすいことを除けば、素晴らしい木です。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。