FC2ブログ

ホーム 経営理念 会社概要 施工事例 求人 富沢樹園

-->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京でもだいぶ紅葉が進んできましたが、
今回は紅葉が美しい樹木をご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、「ヒメシャラ」です。

ヒメシャラは紅葉だけでなく、樹形や幹肌も美しく、シンボルツリーとしても有望な樹木です。

また、6~7月にはツバキに似た白い花を咲かせます。

ヒメシャラは四季を通じて鑑賞価値があります。

春は赤褐色の美しい幹色と緑の葉のコントラストが、
夏にはそこへ白く可憐な花が加わり、
秋には葉の紅葉と赤褐色の幹との色彩のコラボレーションが、
冬は葉こそ落ちてしまいますが、樹木本来の美しい樹形が楽しめます。

ヒメシャラは、季節により変化する容姿の美しさがとても素晴らしい樹木です。

ヒメシャラ紅葉株立IMG_5543

ヒメシャラ紅葉:葉IMG_5545


スポンサーサイト
蒸し暑い梅雨の季節、アジサイの青い花に涼しさを感じます。


IMG_4507.jpg
先月の末頃に満開を迎えていた、
「ウツギ・マジシャン」をご紹介致します。

「ウツギ・マジシャン」は薄いピンクに濃いピンクのグラデーションが入る
可愛らしい花を咲かせます。

まとまって花をつけるので、満開の頃は美しい花が存在感を発揮してくれます。

存在感といっても、グラデーションの入り方が独特なので、
派手すぎず、控えめすぎず、程よく主張してくれるところがこの花の良いところです。

また、ピンクのつぼみも可愛らしいので、花の前のつぼみが色づく頃から楽しめます。

落葉樹なので冬は葉が落ちてしまいますが、花は人目を惹く美しさです。

ただ、樹形が広がりやすいので、スペース的に余裕がある所、
広がっても妨げにならないような所に植えられた方が良いでしょう。

性質も割と丈夫で、病害虫等も現在のところ特に目立ったものは出ていません。
(病害虫の発生は環境・気象条件等にもよりますので、発生しないとは限りません)

季節の花を楽しむ植栽の一つとしていかがでしょうか?


110609マジシャン-1

110609マジシャン-2

110609マジシャン-3
101117コハウチワカエデ-1

101117コハウチワカエデ全景

先日ハウチワカエデについてご紹介致しましたが、
今回はコハウチワカエデについてご紹介いたします。

コハウチワカエデは、書いて字の如く、ハウチワカエデよりも
小さい葉を持つことから来ています。
(ちなみに「ハウチワ」は、天狗が持っている「羽団扇」に似ていることから来ています)

木全体の印象も、ハウチワカエデに比べると繊細で女性的な感じがしますが、
こちらもハウチワカエデ同様、様々なイメージの空間に合います。

四季変化も、春~夏は美しい緑の葉が清々しい印象を与えてくれ、
秋は橙色~赤等、鮮やかな色彩が人目を惹きます。

日本では、春夏秋冬、四季折々の風景や色が楽しめますが、
一年のうちで一番鮮やかな色彩に包まれるのは、実は紅葉が進むこの時期ではないのでしょうか?

冬を迎える直前に、鮮やかな赤や黄色に色づいた木々が太陽の下で輝くこの季節が、
花で溢れる春よりも、最も色鮮やかになる季節なのではないかと思います。

このところ天気が不安定なようですが、すっきりと空が晴れ渡ると、
木々の紅葉がより美しく感じられます。


101117コハウチワカエデ-2

101117コハウチワカエデ-3
101113モミイルミ1

101113モミイルミ2

秋・冬を彩る木々として、前回まで、実が色づくもの・葉が色づくもの、をご紹介致しましたが、
今回は番外編として、クリスマスツリーをご紹介致します。

クリスマスツリーといえば、「モミノキ」ですが、モミノキ自体は季節によって、
紅葉のように色が大きく変化する樹木ではありません。

しかし、11月くらいになると、光の衣をまとい始めます。

それは、イルミネーションです。

イルミネーションをつけた樹木は、クリスマスツリーだけに限らず、
街路樹や庭木等でも楽しめます。

イルミネーションは、四季の流れの中で、紅葉や実が色づくように
自然に現れる変化ではないので、今回は番外編とさせて頂きましたが、
便利なLEDランプの普及により、クリスマスを前にした11月~1月くらいまで
様々な光が街にあふれ、違う装いで木々の変化を楽しむことができます。

勿論、人工的なものではあるのですが、別の意味で、
これも季節の醍醐味ではないかと感じます。

写真は、クリスマスツリーとして出荷するモミノキで、
イルミネーションを取り付けている最中のものです。

辺りが暗くなり、灯をともすと、木のシルエットが浮かび上がり、
とても美しいです。

LEDランプも最近は、青・白・緑・ピンク等、様々な色が見られるようになりましたが、
写真のような電球色に近い色は、とても上品であたたかい感じがします。

こうして、イルミネーションで木々をライトアップしてみるのも
違う楽しみ方が見えてきて良いのではないでしょうか。

 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。